保守メンテナンス工事

橋梁点検

小規模橋梁から大規模橋梁まで、効率的に調査や点検を行えます。

橋梁点検車

弊社では、この本格的な維持管理時代の到来と言われる昨今の現状から、平成28年2月に【橋梁点検車 SF77A-Ⅲ】を導入し、 建設コンサルタント各社様の橋梁点検業務をはじめとして、多くのご依頼を賜りました。
インフラの維持管理については、平成26年より、『5年に1度の近接目視点検』が義務付けられています。 今後も効率的な維持管理の継続のため、技術力の向上に努めて参ります。

橋梁点検車「SF77A‐Ⅲ」の特長
「ふところ広さ」で作業効率UP!
車両左右からのアプローチ!
最大66m2! 広大な作業領域!

橋梁点検をまるごと”お手伝い”

弊社では、「橋梁点検車」で現場へお伺いすること以外にも、これまで建設会社として、 また、点検業務に係る営業を進めてきた経験から、”お手伝い”できることがあります。

橋梁点検業務一式

交通誘導員+交通規制(規制の設置・撤去含む)一式

供用中の施設について点検用車両などを使用して行う点検では、片側交互通行規制や、 場合によっては通行止め規制などの規制が必要となります。
弊社では、グループ会社や提携する警備業者と共同し、これまでも、多くの現場で交通誘導警備ならびに交通規制の設置を実施して参りました。 また、交通規制の「予告看板」の製作、設置も可能です。

点検業務

点検補助員

橋梁、トンネル、シェッド・シェルター、大型ボックスカルバートの点検業務では、 点検を実施する技術者がまだまだ不足しているのが現状です。
弊社には、「ME新潟(構造・防災)」有資格者が在籍しており、これまでの点検補助業務を通じて、 現場での経験を重ねています。

その他の「点検用車両」について

連続した一連の点検業務において、橋梁構造形式の別により橋梁点検車「SF77A‐Ⅲ」のほか、高所作業車、 他の橋梁点検車が必要となる場合がございます。 こうした際には、弊社にて他社様所有のレンタル機などを手配させて頂くことによって点検工程の円滑化が図れます。

※一部、途中から音声が入っていますので、音量に注意してください。

下水道メンテナンス

非開削マンホール更生などのさまざまな下水道メンテナンス工事を行います。
詳細については、お問い合わせください。